お料理教室へ
娘にとってお料理教室デビューです。
きっといつかお友達とでも、どこかのお料理教室に行くのか、何方かに習うのか・・・ですが
ロイヤルコペンハーゲンのお店主催だし、デンマーク料理って知ってるようで分らない・・・。
ikeaでチラッと見かけたミートボールは、たぶん似てるんだろうけど、国がちょっと違うし、混んでるし並ぶのいやだし~
それに、ロイヤルコペンハーゲンの食器も色々使いたかったし~ って事で行って来ました。

ロイヤルコペンハーゲン ブルーフルーテッドの色違い、ブラックフルーテッド メガってシリーズだそうです。
柄が大きくて、斬新ですが、シンプルって言えばシンプルです。
昔ながらのは、確かにディリーユーズにはちょっと勿体無いかな~って思う日もありますので、使いやすいかも~

お~っとまずい・・・お店の思う壺だ~♪

e0055001_1481476.jpg


先生は、イェンス・イェンセンさんとおっしゃる方で家庭料理っておっしゃってたけど、そ~ゆ~のが一番、習ってみたいんですよね。
デンマークのお家にホームスティしない限り味わえないし♪

ま、ホームスティしてたって、娘はイギリス料理が出来るわけではないけど・・・。(苦笑)

ちょっと前に検索して、美味しそうなレシピを見て、ワクワクで行って来ました。

e0055001_1115154.jpg


梅田のハービスプラザって廊下つなぎにリッツカールトンってホテルに繋がるようなところです。

e0055001_184916.jpg


時刻表の検索もして、遅れないように・・・って家を出たはずが、早く着きすぎた~~
家から駅までをゆっくりな設定にしてた。。。30分以上前だし・・・(汗)

ちら~って見たら、1番乗りっぽくて、ちょっと別の階のお店をウインドウショッピング少々。
エスカレーターを上る時、ちょうど吹き抜けの所でパイプオルガンの演奏に遭遇。

e0055001_194772.jpg


娘にとって新鮮な音色ですが、Hiroには、とても懐かしい音色です。
もう少し沢山のパイプがありましたが・・・

e0055001_1134435.jpg


日本で生のニシンが手に入り難いのでいわしでやったんですが
イワシのムニエル + レムレーデソース です。
このソースが美味しくて、色々なものに使えそうな感じです。


【イワシのムニエル】

イワシ は、塩胡椒し、ライ麦をたっぷりつけてバターソテー。
ライ麦たっぷりで香ばしさが出るそうな♪

【レムレーデソース 】

材料:サワークリーム、ケッパー、ピクルス、マスタード、カレー粉、レモン、パセリ、ディルなどのハーブ

作り方:飾り用のケッパーを少し残し、ケッパー、ピクルス、ハーブを細かく刻んでサワークリーム他の材料とよく混ぜるだけ。

カレー粉もマスタードも決して多くなかったが、効果抜群♪
なるほどね~ ってサワークリームを買っても使いきれないで持て余してたのですが、これなら沢山作ってもOKかも~って思いました。

e0055001_1153375.jpg


【タイムとレモン風味のデンマーク風ミートボール】

材料:豚挽き肉(400g)小麦粉(65g)卵(1こ)たまねぎ(1/2コ - みじん切り)塩、胡椒、バター、タイム、レモンの皮(1/2コ分)・・・様子を見ながら量は微調節

作り方:全部良く混ぜて、結構柔らかい感じに混ぜ、スプーンですくって、レモンのような形にしてフライパンでゆっくり焼く。
出来上がりを三角柱っぽくしたいので3回に分けて返していくと良い感じ~だそうです。

この時に使ったレモンの皮むき器・・・「これは便利で使えますよ」って先生に「なんていう名前なんですか?」って 探して入手する気マンマン!の質問。
商品名が分れば、お任せあれ~ です。(笑)

「とっても良いんですが、アメリカ製なんですよ」 
そっか、デンマークの方だし、大使館とかのお仕事もされてるとかおっしゃってたし。

先生との会話は、日本語も全く問題ない状態で普通に会話できるなんて~ 素晴しい(拍手)

(家に帰って、検索完了! 後日、発注だな。。。って感じです)

【オープンポテト】

洗った皮付きのジャガイモ(1/4に切るか小さめのもの)に塩とオリーブオイルをかけて200℃で30分オーブンで焼く。

↑これは良く家でもやるお手軽おじゃがを焼いただけ~風だけど、手間要らずでおいしいのでいつも付け野菜に採用してしまうものに似ています。アメリカ料理もデンマーク料理も同じか~ ってちょっと親しみを感じたり♪

これを作るの使ってらっしゃったオーブンに入れられるロイヤルコペンハーゲンのウェアー ちょっとそそるが。。。普段の夕飯用の食器・・・別の会社のなんですよ。。。

普段遣いには、それでなくても和食器もあるし・・・2パターンで揃えるか…混ぜるのか・・・悩むところです。

これは、ベアを買うのと違って、スペース的にも熟考するって、どうなのよ。
あ!去年の例のカップ&ソーサーのセットは、大騒ぎの内に、完全に衝動買いでしたが(苦笑)

【秋のサラダ】

短い時間湯がいたインゲン(2-3cmに切る)赤たまねぎ(細かく切って少し水にさらす)人参(細かく切る)オリーブオイル、塩、ビネガー
この材料を良く混ぜるだけ。

e0055001_1285561.jpg


【イチジクのグリル、マスカルポーネクリーム添え】

材料:マスカルポーネ(100g)生クリーム(100cc)エルダフラワーシロップ(大匙2-3--なければ蜂蜜などで代用可)イチジク(4個)アーモンド(ローストしたものを少し--細かく切る)

作り方:ボールに生クリームを5~6分立てにする。
マスカルポーネを加えて滑らかになるまで混ぜ、シロップを加える。
イチジクは、洗って頭の先だけ少し切って、半分に切りグリルパンで焼く(少々焦げる感じ、するとカラメルのような香りがする)
器にマスカルポーネクリームを入れイチジクをのせ、細かく切ったアーモンドを散らす。


だいたい、こんなかんじです。
材料も何がいくらって、ミートボール以外、書いてなくて、おおよそ なんです。
それが家庭料理だそうで…ま、Hiroが誰かに聞かれてもいつもだいたいなので、同じ感じかも♪
学校時代の家庭科の影響で進駐軍のアメリカ料理のレシピと子供の頃から慣れ親しんだ関西(主に京都市中心部)の料理に結婚してから見たり聞いたりしたレシピ中心の夕飯に少し新しい風が~

それにイチジクは、まともに食べるのは初めてでした。
食わず嫌いではなく、Hiroの祖父がイチジクとザクロを食べない人で以来、実家方面では食べませんでした。
なので、いまだに食べたことがなかったんです。

イチジクを焼く・・・びっくりなお料理でしたが、こりゃ~おいしい~って感じでした。
先生によると、ソルダムや桃も同じ感じでやっても美味しかったって話でした。
また、その季節が着たら試してみようと思います。

ついついスィーツに傾きがちな・・・♪

帰りに、いつもリッツの付近はそれ程人通りが無いはずなのに人が多いな~って思いながら歩いてたら、ブリーゼブリーゼってCMをやってたところが3日金曜グランドオープンでハービスのすぐ横に地下道が繋がってたんです。

折角だしって~ちょっと見てきました。

CMで動いてたでっかい木のマリオネット?な人形・・・

e0055001_1533451.jpg


決まった時間に動くんですね・・・^^;

各フロアは、人も多いって事で 1階上ったらフロアを一周して反対側のエスカレーターを上らないとダメな感じにしてあって・・・3階ほど上った時点で足も痛いし、飽きてきちゃって、全部見るのはやめ~ で帰りました♪

e0055001_1473158.jpg


ロイヤルコペンハーゲンからのレシピのファイルと紅茶とカタログセットを頂いて帰ってきました。
どうよ、欲しくなった~? ってカタログが囁いてるっぽいんですが、授業料を払う身の上のHiro宅です~ がまんですな~(苦笑)
[PR]
by teddie_note | 2008-10-05 00:48 | 美味しそうな物
AX