娘の育ててるタネは随分大きく,寒くて風の強い中でも元気です
e0055001_1552549.jpg


9月12日に発芽したタネもあれから随分大きくなってきました。
ふたばだった芽もそれなりに本葉も出て、それなり二種類分け出来る様な姿になってます。

霧吹きで、水をやり、かなり過保護育ちです。

イタリアンパセリ、人参、三つ葉、のはずが、真ん中に邪悪って言ったら可哀想かもしれませんが
白い毛のある葉が出てるものがあります。。。
肉厚のふたば、棘になりそうな白いケバケバのある葉…どう見ても、他の芽より邪悪そうな姿の芽があります。

実は、種を蒔いたすぐ後、ドラゴンフルーツを食べた娘が冗談で、埋めたドラゴンフルーツの芽だと思われます…。

茎も太いし、ど~見ても、他の物より生命力が強そうなんです。。。

イタリアンパセリと三つ葉は、もう少しすると、間引くと言う作業の大義名分で、
最終的には、お皿に乗るかもしれませんが、人参は、う~んと昔、小学生頃、
実家の空き地でほうれん草など野菜を作ってた時、
近所のお百姓さんから、人参が出来たら大したものだ~って言われたことがあり、
難しいって聞いてるので、人参は、期待してません。。。
いずれ人参葉として おひたしには量が少ないので、何かになるでしょう~って思ってます
が~~~~~
このケバケバ葉っぱは、残るんだろうな~って思います。。。
ん~ ドラゴンフルーツ。。。微妙です。。。
[PR]
by Teddie_Note | 2007-10-19 13:55 | 常のこと
AX