法事でした  --もみじの天ぷら--
夫のお祖母ちゃんとお祖父ちゃんの法事でした。
Hiroが結婚してすぐの頃、お祖母ちゃんが亡くなり、
それでがっかりしちゃったんでしょうね~
後を追うようにお祖父ちゃんが亡くなってしまいました。
仲良しさんだったので、祖母亡き後、ほんと憔悴しきった祖父でした。
あれから、曾孫達が生まれ、随分経ち、今に至ります。

人が亡くなってすぐは、法事が何度もあり、親戚一同顔を合わす機会も多くなりますが
ある程度経つと 10年に一度の様なピッチになります。
夫達は、仕事やゴルフや何かで顔を合わせる機会があったりしますが
家に居る者達は、まして遠くに住む親類は、こう言う機会しか会えないものです。

結婚して1年ほどの間に、そう言う不祝儀で親戚達と会う機会が多かったHiroは
一気に居場所が出来たと言うか、自分の血縁の様に親しくかわいがって貰え
法事はとてもナチュラルに迎えられる行事なのですが
ひ孫達の多くは、顔も見たことのないご先祖様扱いで
法事と言う事自体、物心付いて初めての様な体験だったようです。


今まで、子供達が小さく、子供達から目が放せませんでしたので
従兄弟世代と言うか同世代のもの同士固まっておしゃべりしたりしてましたが
目が放せないと言う事もなくなったので、もう少し年配の親戚の方などともお喋りする中
Hiroの趣味を分かって下さる方がおいでなのが分かったと言うか
その方の方がよりスゴイご趣味と言うか で、教わることも多く
微妙に盛り上がってましたら、周りドン引き…。(苦笑)
あまり明らかにして来なかった趣味がちょいばれてたような…でしたが、
アンティークの銀や錫、銅、小さいもののお話
とりわけ、当時の製品を作る時のノウハウや作り難さ、その方のお仕事柄知ってらっしゃる事など、教わったりして時間が経つのが早い~♪
ってか、お仕事を考えれば確かに~って、うなづける趣味と知識ですし
娘が生まれて以来、機会ある毎に頂くお品がナイス!だったのですが、やっぱり
趣味はそ~くるか~ って感じで
いつもは、ゴルフか庭木かお仕事の話中心だったので、嬉しくなる発見でした。


法事と言えば、お供えのお菓子や祖供養のお品・・・ですが
吟味したスィーツたんまり♪で、当分、甘い物には事欠かない状態で帰って来ました♪♪♪


で~

おやや~


e0055001_4514233.jpg



お祖父ちゃん達が夏、お散歩がてら涼みに出かけてたのに因んでだと思うのですが、
近くに居るからこそ、ずーっと買ってなかった「もみじの天ぷら」を貰いました。
小学校の頃、食べてみたくて親に頼んで買ってもらった時以来です。
当然、ひ孫世代はみんな食べたことがなく、娘ははじめて見たんです。

e0055001_4512477.jpg



疲れてしまって、帰宅後、リビングでみんなうたた寝・・・
エアコンとTV 点けっぱなし。。。
今日、久々に 紅葉のてんぷら 食べてみようかな~って 思ってます。




◎ もみじの天ぷらは、もみじの葉っぱを ちょっと甘めのカリッとした衣で天ぷらにしてあるものです。娘が言うには、青しその葉っぱの天ぷらの親戚っぽい仕組みで作られています。味とかより風情を食べる感じです。子供の頃食べたのはもう少し小さい葉っぱだったような気がしますが、写真のはイタヤモミジ?って思うほどのやや大きめの葉っぱで5cmほどの大きさです。
[PR]
by teddie_note | 2007-07-23 04:58 | 常のこと
AX