週末は、晴れて良かったです♪
土曜日、京都では葵祭ってお祭りがありました。
時代祭もそうですが、昔の衣装を着た人々のゆっくりした行列なので、
何かにぶつかったり、物凄い速さで走り抜けたりするタイプのお祭とは真逆のゆるゆるとした・・・なのですが
それが京都なのかもしれません。

このお祭、なかなか思いで深く・・・いろいろ思い出すことが多いお祭です。


私が中1で、しかも今年と同じ土曜日に当たった時、このお祭の見物客に巻き込まれて、
河原町今出川も出町柳も大混乱で、バスは来ないし・・・
あの頃、ケータイがあったら親に連絡して迎えに来てもらうとかも出来ただろうに
公衆電話にも近寄れず、あっても電話待ちの人で凄い行列だったりで
大叔父の家に避難~ って思ったら、そこはお祭の本拠地・・・近寄るどころか~ 身動きが取れない場所で
バスが通る様に帰れば家に帰れるか~って思って歩いてみたけど
後からよくよく考えたら、バスの経路の多くがお祭の行列の経路と被ってた。。。
結局、バスで20分ほどのところを3時間ほどかけて家まで歩いて帰った覚えがあります。

泣きそうなムワッっと暑い初夏の思い出ですが、
そこそこの年頃になって、毎年のように知人がお姫さんになりました。
あれから、う~~~~んと歳月が過ぎて
娘の様な年のお嬢ちゃんがお姫さんに選ばれる頃になりました。

二十何年か前、お母さんが選ばれたお祝いを言った覚えがありますが
早いものです。
今年は、そのお宅のお嬢ちゃんがお姫さんだったのです。
この前、御出産の祝を送った様な気がするのですが、日が経つのは早いものです。

毎年、ニュースではチョコットだけ報道されるのを見る程度ですが
ほんと晴れて良かった、無事終わってよかった~ って思う週末でした。


そこで、また、下世話な事が頭をよぎった。。。(反省)


お姫さんと祇園祭の長刀鉾のお稚児さん
親としては、どっちが大変なんだろう・・・

もし、娘と息子がいて、年が違うから連続ではないにしろ、両方にお声が掛かったら、どうなるんだろう~
お稚児さんの方が小さい年頃で選ばれるので
息子の方で燃え尽きて、娘の頃には辞退とか?!

ま~うちには、そう言う心配は無いのだけど~~~~~(^^; オセッカイナ想像でした
[PR]
by teddie_note | 2010-05-17 00:05 | 常のこと
AX