華展へ行きました
白浜から1日早く帰ったのは、渋滞の心配もあったのですが、華展を見に行くと言うのも理由の一つでした。

e0055001_1516589.jpg


いつも暇があったら 行こうかな~ 見に来たら~? な感じのまま何年も経ってました。
流石に今年は、招待状にお手紙まで・・・頂いたんです。。。
行くのは簡単ですが、お断りをするのには、お手紙を書かないとダメじゃないですか~
それが、面倒だってのもあったし、久しぶりだし、そんなにおっしゃって頂いて・・・って方が強かったかな~

e0055001_14331993.jpg


白浜で買って残った卵は、行きと同じくまたゆで卵で持って帰ってきました。
なので、朝は、ゆで卵!パン+飲み物 でそそくさと出かけました。

e0055001_15323052.jpg


烏丸六角に池坊があります。

e0055001_14373479.jpg


烏丸通に面した方には、池坊ビルがあり、烏丸六角を入った北側に六角堂のある頂法寺の入り口があります。

e0055001_15164656.jpg


お正月の初生けのTV用のショットはこの門から入る門弟の様子が映されると思います。

e0055001_14444543.jpg


その反対は、金高さんと言う刃物やさんがあり、花鋏や花器も少し置いています。Hiroは、もっぱら針金を買いに行ってたお店です。

門を入るとすぐ柳の木があります。六角柳って言うんですが、「地ずり柳」とも呼ばれます。
一応門弟は、この門から入って 本堂の前で手を合わせ・・・って言われたり、推奨ですが、いつも烏丸通に面した入り口からヒュル~って走りこんでたHiroは、お正月の初生けの時のみってヤラセの様な状態で手を合わせて・・・罰当たりな若い頃でした。

e0055001_14381667.jpg


柳の右のほうに写ってるのは、納経所で 西国三十三カ所の一つのお寺でもあるのでこの中で御朱印を押してもらったりします。
この中に最近、ハトのおみくじなど需要品を売ってる売店も入っています。

e0055001_1449284.jpg


その横に花心苑って言う華道会員の女性だけ泊まれる宿泊施設があります。
どれも懐かしい景色です。


e0055001_14515177.jpg


数年前、道場から池坊会館の1階部分が改装されました。
その頃には、子育てで見に来れませんでした。

e0055001_14521732.jpg


なので道場席に入るのは、母になって初めてです。

道場席は、長い長いお部屋で一番奥に床の間があり、発池では家元が床の間を背に座り門弟が床の間のほうを向いて座って お正月の挨拶をします。

e0055001_1454046.jpg


床の間と直角の方向に板の間の道場があります。

概観が凄くきれいになりましたが、昔の道場のスタイルできれいになった感じです。

e0055001_14594093.jpg


妹子像のお堂も残ってました。

e0055001_1515184.jpg


e0055001_1552195.jpg


昔はお庭から何気に池のあるピロティだった池坊ビルの1階は、駆け上がった階段は白い大理石張りに変わり明るい感じになってます。

e0055001_1512345.jpg


壁だった所に小鳥が飼ってあります。

e0055001_1531488.jpg


所々に松の枝が配されてますが、誰かがお手入れされてるんでしょうね~

e0055001_1532980.jpg


このピロティにあった池のイメージは無くなり、フロアーっぽい仕上げになってますが
池をイメージさせるオブジェが置いてありました。
そこに、指先ほどの大きさのかえるのオーケストラがあったんです、かわいい♪

e0055001_157958.jpg


前は、白い大理石に変わった階段(これはてっぺい石って言うんだったと思うけど)黒っぽい薄い石が張られた怪談で、ビルが出来る時関わった各地の先生方の名前の書いた瓦みたいな色のプレートが嵌っていました。そして、そこにはホールがあり、卒業式やセレモニーなど行われてます。
エレベーターは、その階段を上ったところから始まるの作りでしたが、この業界もシルバー化で1階からエレベーター必須になったんでしょうね~(苦笑)

e0055001_1546579.jpg


道場席の代わりに池坊ビルが出来てから、ここで習っていました。
もし、ここに通ってた日々も最終学歴って言われるんだったら、Hiroの最終学歴はここでの数年間です。
賞を狙い、期待されるのは責任が重く、楽しみ半分、プレッシャー半分の日々でしたが、1日中花を生けているのですから楽しい毎日でもありました。
今、きれいな色のものが好きなのも、花の影響も無いとは言えないと思います。

e0055001_15115064.jpg


夫や娘がこの教室を見るのは初めてです。
この7階の教室は、試験の様な事をする時に使うほか、ここで華展をしたりする1フロアになる教室です。

あちこちに昔話した事のある人やお世話になった方、色々な方々がおいでで、一気に20年前に戻りました。
で、皆さん一応に聞くことが、お花はどうするの???
そうなんですよね。。。(苦笑)

久しぶりの池坊ビルは、昔のまま・・・ベランダには石置き場があったり、花材を置いてたり、サッシュも給湯室も同じでした。
ただ、地下にあったご飯やさんの平八もフ・フロールもなくなり日本華道社の花器などを売るコーナーと花屋の花市さんになってて、花市さんは、ガレージの途中みたいな所から花屋さん然としてて良くなってましたし、Mさんってお兄さんも昔のまま・・・
全てがタイムスリップします。

e0055001_1521585.jpg


3階の資料室とお茶席の横に小さい池が作ってたった時は、ガラス越しだったのでそんなに親しくなかった鳥達ですが、道場の辺りを改装して池が大きくなり白鳥もゆっくり泳げるようになったようです。

e0055001_1549492.jpg


でも・・・

e0055001_15492712.jpg


き、凶暴になったのか?!


もう少しここに居たいな~とは思ったのですが、夫にはそんな感覚はなかったみたいです。
時間稼ぎに納経所に入ってみました。

御朱印帳やお軸に墨で頂法寺って書くおじさんが、ハトのおみくじですか?って声を掛けてくれました。
最近良く売れるそうです。
いや、それは・・・って断るが早いか欲しいって娘が言うのが早いか・・・なんでも欲しがる子です。。。

e0055001_1527923.jpg


e0055001_15513316.jpg


へそ石餅でも食べる為のしょうぎ?!その傍に使い込んだお釜がおいてあります。

e0055001_15282694.jpg


窓辺には、池坊の機関紙 ザ・池坊 と 華道 が置いてありました。
まだ、出版してたんですね~(爆)

e0055001_15295256.jpg


夫が車を出すまでの間に 頂法寺会館を眺めたり、その隣の花市さんのお店の中を覘いたり♪

e0055001_15312980.jpg

[PR]
by teddie_note | 2009-05-11 10:50 | 常のこと
AX